脂肪を除去

切らずに目の下の脂肪を除去します

目の下のたるみとりは、現在は切らない手術が人気です。これは目の下のたるみが、脂肪が突出してふくらみができ、そのふくらみがたるみとなっている場合に行われる手術です。まぶたの裏側を切開し、脂肪を取り除きます。 金額はクリニックによって大きな差がありますが、一般的には30万円程度が見込まれます。これも10万円台から30万円台と幅があります。 目の下の脂肪を取ると、窪みができる場合があります。その窪みに脂肪を注入する施術を同時に行う場合があります。この場合は、40万円から80万円となり、大きく差が出ます。 目の下のたるみがどのような物で、どの程度なのかによって手術が違ってきます。カウンセリングではっきりと説明を聞き、予算に合わせたクリニックを選びます。

ヒアルロン酸注射やレーザーなどさまざまな治療方法があります

目の下のたるみとりでは切らない手術が人気ですが、それ以前から切る手術が行われていました。これは加齢により、皮膚や筋肉がたるんでいる状態の人に行われています。 下まつげのぎりぎりのところで、ラインに沿って切開します。たるんだ皮膚を切除し、皮膚と筋肉を上に引き上げます。まつ毛のラインで縫い合わせます。この場合に同時に脂肪を除去することもあります。切開手術は40万、脂肪除去を同時に行う場合には全部で50万円程度を見込んでおきます。 現在は下まぶたの裏側からの手術が人気です。また、まだ若い人には、ヒアルロン酸の注射やレーザー治療などが行われます。レーザーで皮下組織を刺激し、活性化させ、コラーゲンの生産を促すことでたるみの解消を図ります。また目元専用の高周波治療器で皮下組織に刺激をあたえ、たるみをなくします。 現在では、目の下のたるみにさまざまな治療法があり、若いうちから施術を受けておくことで、たるみの予防ともなります。