ニキビ治療

皮膚科での治療が推奨されています

顔のニキビは、思春期以降、ホルモンの影響から多くの方が悩まされる皮膚病と考えられています。以前は大人になれば治ると考えられていた皮膚病ですが、近年では大人になっても治らない方や、大人になってから出る部位が変化して発症するケースなどもあるようです。 ニキビは、皮脂が増加して、毛穴を詰まらせ炎症が起きた状態の皮膚炎の事を差し、男女問わず発症します。 治療の第一選択肢としては、皮膚科での治療が推奨されています。 皮膚科での治療は、皮脂をしっかりと洗い流すための洗顔の指導などが行われ、その他外用薬、内服薬などが処方されるようです。その他、体質改善のための漢方薬や、ホルモンバランスを整えるために、ホルモン剤などが処方されることもあるようです。

高い効果が得られる点が人気です

ニキビの治療において、多くの方が皮膚科での治療を行っています。皮膚科での治療は、化粧品でのケアに比べて、原因をもとから絶つといったアプローチが可能であり、内側と外側からのケアが可能と考えられています。ニキビの治療に皮膚科で処方される薬も数種類あり、近年開発されたものは効果が高いとして多くの方のニキビ治療に効果を上げています。又、ビタミン剤などを併用することで、皮脂の分泌を抑え、ニキビができにくくするアプローチを多くの皮膚科で行っています。又、洗顔料や化粧水などのスキンケアにおいてもドクターズコスメと呼ばれるスキンケア商品が人気です。それらは皮膚科医が開発している商品で、一般の化粧品よりもニキビになりにくい成分などが配合されており、治療と合わせて使用することが推奨されています。