中古コピー機の相場や注意事項をしっかり確認しよう

中古コピー機の相場や注意事項をしっかり確認しよう

複合機

中古のコピー機を購入する際に注意しておきたいこと

中古コピー機の場合、リース契約を結ぶことができません。一括での支払いが難しい場合は割賦払いやクレジットカード払いを頼ることになります。もちろん新品の価格よりは手に入りますが今動かせる現金を計算して検討しましょう。また保守切れにも注意します。メーカー保守が切れていると故障時のサポートをしてもらえません。紙詰まりやカードリッジのトラブルなど案外サポートを頼る機会は多いです。壊れたら次を買うくらいのつもりでなければ保守サポート期間の機種を買いましょう。

office

中古コピー機の相場についいて

価格だけを追求すれば10万円を切るものもありますが安いのには必ず理由があります。保守サポートが切れている、モノクロコピーしかできないなど制約の内容を確認しましょう。自分で探すのが大変なら中古コピー機を扱う業者に要望を伝えて見積もりをしてもらうこともできます。必須の機能とあったらうれしい機能を切り分けておき、必須機能のみの見積もりと要望の機能までの見積もりを比べると検討しやすいです。使えるお金と相談しながら賢く検討しましょう。

社内

購入の流れをチェック!

コピー機のサイズになると運ぶのも一苦労です。配送してもらえるように手配をしましょう。契約関連の手続きが完了すれば送ってもらうだけです。業者によっては一定比率の前金を支払う必要があります。その場合は前金を支払ってからの配送手配になります。この前金が在庫を押さえる役割も果たすので注意が必要です。中古品のため、同じ価格の同じ機種は原則存在しません。手続き遅れが原因でせっかくの品を逃さないようにしましょう。

オフィス

アフターメンテナンスがしっかりしている業者を選ぶ

とにかく価格が安い業者によくあるのがアフターメンテナンスが何もついていないパターンです。自分で分解して直すのは意外に難しいので何かしらの保守契約を結んでおくのが確実です。業務用はなかなか壊れないからと都度契約の保守にすると手続きだけでも時間がかかり、コピー機が使えない時間が長くなります。故障したら早急に直してくれるサービスを提供している会社を探すのが安心です。壊れるリスクをアフターメンテナンスで吸収できると大事な時にもしっかり使える状態を整えられます。

コピー機の種類・人気ランキング

社内
no.1

ランニングコストを削減できる機種

省電力やペーパーレス化などランニングコストを下げられる機能を持ったものは買った後のコストで効いてきます。購入時は少し高くても使用期間で割り算すると結果的にお得になるケースが多いです。

no.2

トナーがお得な金額で買える

せっかくプリンターが安くてもトナー代がかさんでいっては意味がありません。使用期間をある程度で設定して交換用トナーの金額も調べて計算して買いましょう。

no.3

トラブルの少ない安心の機種

給紙の機構がしっかりしている機種は紙詰まりに強くトラブルが起きる確率が低いです。保守を契約しないで購入することを考えているならお勧めの機種です。

no.4

コンパクトで卓上における

大きなコピー機を置くスペースがないならテーブルにおけるサイズを探しましょう。卓上でもA3までコピーできる機種もあり、床に置くタイプと同じように使えます。

no.5

やることは白黒コピーのみ

スキャンやプリントはしない、とにかく白黒コピーだけできればいいのであれば相当価格の安いものを探すことができます。スピード重視で選ぶことができるので大量印刷用の機械が一つあっても損はしません。

広告募集中